クズの本懐 アニメで学べる現実的な恋愛 ネタバレ注意

クズ本の本懐とは?

 主人公花火(はなび)は麦という彼氏がいます。しかし、彼らは実際好きどうしではありません。花火は幼馴染である鳴海が、麦は昔家庭教師をしてくれた茜に好意を抱いています。その二人は主人公の花火と麦の通う高校の教師として赴任し、互いに距離が縮まってきます。それをそばから見ていた花火と麦は同じ境遇どうし慰めあう仲間として付き合うこととなるのです。

第3話までの内容

 ここまでで今後の展開に影響しそうなことは

・麦のことが好きな新キャラのり子の登場   

・花火の親友早苗が実は花火に好意を寄せていた

・茜の恋愛模様の怪しい雲行き

などと言ったことろでしょうか?

 ここで出てきたのり子というキャラは幼いころから麦のことが好きな女の子であり、自らを本名で呼ばれることを嫌っています。さらに、主人公である花火に嫌悪感を抱いており、なかなか破天荒なことを今後起こしていきそうです。もし、花火と麦の関係がばれたりしたらどうなることやら(笑)

 親友の早苗に関して言えば、こういった恋愛アニメとは逸脱した存在であることが印象になります。花火ことを好きだということは今後どう影響していくのでしょうか?

 麦が好意を抱く茜先生は昔の教え子と何やらただならぬ関係が暴かれそうな予感であり、鳴海は果たしてどこにいったのやら??

リアルな恋愛模様

 まだ序盤ではありますが、このアニメはなかなか他のアニメと比べ現実的なことが非常に多いです。花火が恋愛相談を受けるシーンがあるのですが、それが非常に恐ろしい話なのです。

 幼馴染の男を昔から好きで将来は結婚するという口約束があったものの、高校が別になった途端に別の女の子と付き合うことに・・・。しかし、自分の通う高校の先輩が言い寄ってきてその人も捨てられない・・・。幼馴染を諦められないが、スペックの高い先輩を捨てるのも惜しいと花火へと相談します。

・・・・リアルか!!

 この時点でその辺のアニメとは別なことがよくわかりますね。スペックとか将来性とかで付き合う、付き合わないが判断されるのは男としては非常に厳しい現実ですが、それをアニメで言われると・・・

 さらに主人公の周りの恋愛模様も非常に現実味が増してきています。あの人はあの人のことが好きなんだろうなぁと思っていると、数か月後には別の人とくっついているなんて話はよくある話です。茜先生の心はいったいどこにいっているのだろうか・・・?

 そして、やはりこのアニメで一番心に刺さった言葉がこれです。

興味のない人から受ける好意ほど気持ち悪いものはないんだよ。

 うーん・・・・じゃあ好きな人ができても第一印象だけで全てが決まったも同然なんじゃないんだろうか??

 なかなか現実味のある今期注目のクズの本懐、今後どういった展開をしていくか非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です